Topトップへ

特集コンテンツ

ジュンク堂書店が選ぶ『この1冊』 第14回

穏やかな夜明け~温かな愛と勇気のおくりもの

ヒューズ祥恵・著
産学社
価格 ¥1,250+税

オーストラリア人との結婚を機に日本を離れ、出産、育児という「自分自身」との長いブランクを経て、「油絵」というライフワークにたどり着いた著者が、作品とともに絵を描くことに込めた思いを伝えるメッセージ画集です。

あたたかな色彩と光の感じられる絵に添えられた文章には、愛、勇気、夢、希望、感謝というまっすぐな言葉があふれています。繰り返し伝えられるシンプルで前向きなメッセージに、著者が自身の悩みや惑いと向き合い、決してきれいごとだけでは成立しない人生を受け入れた上で、人が成長へと向かう力を信じようとする強くしなやかな姿勢が感じられます。その「決心」で語られる言葉は、「大切だということはわかりきっている」と軽く読み進めようとする読み手の心に小さなアンカーを置き、遂げられなかった思いを慈しむ時間と初々しいときめきをもたらしてくれます。
画集の表紙はタイトルにもなっている「穏やかな夜明け」という油彩画なのですが、その絵を覆い隠すほどに巻かれた大きなオビに記されたメッセージは「人は授けられた才能で貢献できたとき、今まで以上に輝ける!」です。

このような前向きなメッセージを積極的に受け取ろうとする人は、すでに輝ける自分を見つけた人や、人生を輝いたものにするもしないも自分次第と気づいた人のように感じます。できれば、自身の持てる才能を眠らせたまま世をすねている人や、たくさんの関わりの中で自分をないがしろにしがちな人にも、どうか届いてほしいと願う一冊です。

お求めはジュンク堂書店2階へ